費用
千野隆二司法書士事務所
司法書士 千野 隆二
東京司法書士会
登録番号第3325号
簡裁訴訟代理関係業務
認定第301337号
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1
吉祥寺永谷シティプラザ1006
TEL :0422-28-0870
FAX :0422-28-0878

モバイルページへのQRコード

HOME > 裁判事務

裁判事務

裁判所での手続、借金の整理、あなたをバックアップします

・貸したお金を返してもらえない
・滞納家賃を請求したい
・敷金が戻ってこない
・修繕費用を払って欲しい
・商品の代金を払ってくれない
・立て替えた飲み代を返してくれない
・アルバイト料を払ってもらえない
・土地を買ったがいつまで経っても売主が登記に応じてくれない
・土地の境界がどうも図面と違っているようだ

書類作成支援

弁護士・司法書士に依頼せずあなた自身が訴訟を起こし、自分で裁判所に行って相手と争う裁判のことを、「本人訴訟」と言います。

 貸金や家賃・敷金、損害賠償などを請求するなど、裁判所に訴えや申立てをするとき、司法書士は、皆さんに代わって書類を作成し、裁判の進行等についてアドバイスをさせていただいて、本人訴訟をサポートします。 

簡裁訴訟代理関係業務

 平成15年4月に施行された改正司法書士法により、新たに法務大臣の認定を受けた司法書士については、簡易裁判所における訴訟代理業務が認められるようになりました。当事務所司法書士もこの認定を受けた司法書士です。

 簡易裁判所は、「貸したお金を返してもらえない」「売買代金を払ってもらえない」「家賃を払ってもらえない」・・・などのトラブルで請求金額が140万円以下の身近な事件を、普通の訴訟のような難しい手続ではなく、簡易な手続で迅速に解決するために設置された裁判所です。

 司法書士は、この簡易裁判所で皆さんに代わって弁論したり、調停や和解の手続をすることができます。もちろん、裁判外でも、代理人として相手方と和解交渉をしたり、紛争性のある事件について相談を受けてアドバイスをしたりすることが可能です。

このページのトップへ